内定と内々定の違い、内定取り消し・辞退について

内定について

内定と内々定の違い

新卒者の就職活動では、一般的に内定前に内々定が出されることがあります。

内々定とは、「10月1日以降に正式に内定を出します」という約束事で、書面でのやり取りが無い場合もあります。

それでは、どうして内定ではなく、内々定を出すのかと言うと、経団連が決めたルールとして「内定は10月1日以降に出しましょう」というものがあります。

多くの企業が経団連に属しているためにこのルールに従って内定は10月1日以降に、それまでは内々定を出して内定を出す約束をするようにしています。
企業側からすれば優秀な学生を早めに確保しておきたいので、内々定を出しておくわけですね。

ただ、内々定の時点では、企業と学生の間に正式な労働契約が結ばれている訳ではないです。
その為、企業または学生側から取り消しを行うことも可能です。

とは言え、企業側は一方的な取り消しによる世間的イメージの悪化と社会的な責任を考えて、簡単に取り消しを行うようなことはしません。
もちろん、学生側が問題を起こしたり業績の悪化などで、一方的に取り消しを行うことはあり得ます。

また、学生側からすれば、よりいい条件の企業から内定の約束を貰えれば、そちらへ行きやすくなります。
ただ、マナーを守った行動を取るようにはしましょう。

内定後の辞退はできる?

企業から内定を貰うと、その後に正式な労働契約を結ぶことになります。
この時点で学生側にも法的拘束力が発生します。

が、「労働者側から2週間前に申し出れば労働契約を解約できる」という定めが民法にあるために、辞退することは可能です。

ただ、マナーとしては良くありません。

企業側も莫大な時間とお金を掛けて採用活動を行っているので、簡単に労働契約後の辞退を行うようなことは避けましょう。

とは言え、学生側にも様々な理由があり、内定を辞退せざる負えない状況も発生します。
どうしても辞退する場合には、きちんとマナーを守った対応を取るようにして下さい。

それと、学生側の内定理由があまりにも道理に反するモノであれば、損害賠償請求される可能性もあるので注意しましょう。
と言っても、損害賠償請求までされるケースはほぼないみたいですが、一応気を付けておいて下さい。

企業側からの内定取り消しについて

企業側からの内定の取り消しはかなりハードルが高いですが、あり得なくはないです。

・単位不足で大学を卒業できなかった
・病気などで働けなくなってしまった
・犯罪を犯した
・業績の悪化
・自然災害
などの理由で内定が取り消されることもあり得ます。

内定取り消しの理由として多いのが、「単位不足で大学を卒業できなかった」というモノです。
内定後は気持ちが浮かれて油断する学生も出てきますが、卒業するまでは気を抜かないようにすることも大切です。

内々定、内定を取り消された場合にはどうする

もし、企業側から内々定、または内定の取り消しが行われた場合、学生はまた一からの就職活動です。
そうなると、興味のある企業はどこも採用が終了しており、就職浪人になってしまう可能性もあります。

その場合には、まずは各都道府県の労働局に相談するようにしましょう。

また、企業側の一方的な理由での取り消しには、損害賠償を請求できる場合もあります。
その場合には、弁護士に相談するのも良いでしょう。

内々定、内定の取り消し通知が来れば、その企業への就職は潔く諦めた方がいいです。
ただ、一方的な取り消しには学生側も毅然とした態度で臨むことも大切です。
その為にも、まずは専門家に相談するようにして下さい。

就活では面接の事前準備が大切です!

就職活動では人事担当者との面接が必ず行われます。

企業によっては現場で実際に仕事をされている方との面接も行われます。
また、中小企業の場合には、会社の代表面接も必ず行われます。

面接では、こういった人間達とも渡り合っていく必要があります。
その為にはしっかりとした事前準備が必要になります。

まずやっておく事として、質問リストの作成です。
どのような質問がされるかを想定して、例えばエクセルやGoogleスプレッドシードなどにまとめておくことが大切です。

想定される質問が思いつかなければ、インターネット上で質問集を検索することもおすすめです。
検索すれば、面接で聞かれそうな質問集のサイトなどはいくらでも出てきます。

個人的には、Googleスプレッドシートだとどこからでも閲覧・編集できるのでおすすめです。
移動中の電車の中や外出先の喫茶店などでもチェックできます。

もちろん、想定した質問に対する回答も必ず用意しておいて下さい。

ただ、時々、想定もしないような質問をされることもあります。
そういった質問にもスムーズに答えられるように、少しでも頭の回転を良くしておく必要があります。

その為に、睡眠をしっかりと取り、頭がしっかりと働くようにしておきましょう。
間違っても、前日は夜更かしなどをしないようにして下さい。

また、企業研究や業界研究もしっかりとしておきましょう。

例えば、企業研究であれば、企業ホームページを隅々までチェックして、
・企業理念
・取り扱っている商品やサービス
・事業内容
はしっかりとチェックしておきましょう。

業界研究というのは、業界に関連する書籍を購入して読んでおくことをおすすめします。

また、技術職を志望している場合には、どういった参考書で勉強しているのか、なども具体的に答えられるようにしておきましょう。
例えば、「参考書で勉強しています」「インターネット上で情報を検索して勉強しています」というよりも、
「○○という参考書で勉強しています」「○○というサイトで勉強しています」と言った方がアピールにもなります。

何事もそうですが、具体的に答えるようにした方が、頭も良く見えて相手からの印象も良くなります。
ぜひ具体的に回答できるようにしておきましょう。